アマゾンKindle



アマゾンの“Kindle(キンドル)”をごぞんじでしょうか。

アマゾンのヘビー利用者であるのならごぞんじかとおもいますが、まだごぞんじないかたもいらっしゃることとおもいます

ごぞんじではあっても、使ったことがないとおっしゃるかたも沢山ことでしょう、。

ですが、Kindle利用者は、近頃、すごい勢いで増加中ですのです

アマゾンをはじめ、本を市販製品している大手の通販は、電子本を取り扱っていますね。

その電子本をリーディング為に必要な電子本リーダー(またはアプリケーション)がKindleです。

Kindle専を対象とした端末をKindleと呼ぶことも有りますが、Kindleと言うアプリケーションは、PCだとしてもタブレットだとしてもスマホだとしても使を対象としているものきるので、これらのどれだとしても、電子本をリーディングことが出来ます。

マシーンに弱いかたは、Kindle専を対象とした端末と、世間一般的なタブレットを同じものだと思っていますが、そうでは有りません。

専用端末は、電子本をリーディングことだけをお目当てにつくられたタブレット型の端末です。

細かい言葉を読んだとしても疲れにくいように、多様なアレンジがなされた専用端末ですのです。

一つ忠告事物をあげておきますが、幾らかのオンライン書ショップが電子本を市販製品しているわけですが、アマゾンで市販製品されている電子本をリーディングには、Kindleが必要で、それ以外のアプリケーションではリーディングことが出来ません。

その逆も同様で、他のオンライン書ショップで買入した電子本をKindleでリーディングこと言うのは出来ません。

これによって、専用端末を買入するケースには、実にKindleで良いのかどうか、ちゃんと吟味してから決めるようにして頂戴。

Kindle専用端末は、システムによって数部類市販製品されています。

漫画専を対象としたKindleも有りますよ。

昔からあるモデルと最新モデルでは、値段にも大きな差が有りますので、利用してみようと思ったならばよく比べてみてから決めて頂戴

Kindleでリーディング電子本は、買入後直ぐにリーディングことが出来ますので、通販を超えた速さで手元にやってきます。

かさばることもないですし、あまりにも楽で紙の本を買入することが少なくなりますよ。

電子書籍(1)


近頃のアマゾンでは、一通り何だとしても買入可能なようになっていますが、創業時から市販製品している本には、やはり力を入れているやうです

その証拠の一つとして、早速に“電子本”の市販製品を始めました。

電子本の良さが分かっているかたは、もうすでに数多くの電子本を買入しているとおもいますが、なんとなく想像的に好みになれそうもないと思っているかたもまだまだ沢山やうです。

たぶん、まだ一回も電子本を読んだことがない為に、その良さが分からないだけなのだとおもいます。

それでこの度は電子本のメリットをご紹介してみようとおもいます

今迄通りの紙の本は通販と言うことで買入するので、宅配便やE-MAIL便等で家に送られてきますよね。

ところが、電子本は通販と比べるとより一層楽で、あなたがご利用中の端末に電子本を対象としたアプリケーションをダウンロードしてから、本を買入することによって、その場で直ぐにリーディングことが出来るのです。

家に配達してもらうための時間さえも必要としないのですので、これは画期的ですよね。

ご近所の本屋さんへ行って、紙の本を買ってくると比べるとより一層早いです

そのうえ、何冊買入しても、かさばることがないので、家での保存立地に困ることも有りません。

今までは、本棚に入りきらない本がいっぱいあって、どれを捨てようかと困っていませんでしたか。

電子本に替えた日から、もうその心配に悩まされること言うのは生涯有りません。

より一層、本をいっぱい買入するかたは、少しだとしてもお安く買入出来ることなら上機嫌ですよね。

ですが、新刊本のバーゲンセール等はめったに有りませんので、常に定価で買入しなくてはなりませんでした

だけど、電子本の多くは、新刊本だとしても紙の本と比べるとお安く設定されています。

近頃は、まだ電子本化されていないものも多く有りますが、アマゾンでは多々の電子本が揃っていますし、以後もみるみる増加するでしょう。

如何ですか。

少しは電子本に関心をもっていただけましたか。

電子書籍(2)


電子本につきましては実に楽なことが沢山ため、強力におススメしたいので、より一層メリットを挙げておこうとおもいます。

たとえば、あなたが少し長めの旅行に出かける時をかんがえてみて頂戴。

帰省だとしてもよろしいでしょう。

転換中の乗り物の中や、枕がかわってなかなか寝付けないベッドのなかで、文庫本を読み始めますがいま一つ面白くない。

もう一冊の方を読み始めますが、こちらも面白くない。

若しくは面白すぎて1~2時間で読み終了してしまった。

さて、どうしましょう。

出かけた先でより一層本を買入したケースいうやり方も有りますが、帰りの荷物が重くなるのは避けたい。

とすることによって、スマホからアマゾンにアクセスして、電子本を買入することによって、すぐその瞬間から新しい本をリーディングことが出来ます

つまらなければ何冊だとしても買入することが出来ますし漫画を選択することも出来ます

そもそも初めから、紙の本を持って行く必要すら有りません。

面白い電子本や漫画があれば、退屈な転換時間等あっと言う間に通り越してしまいますよね。

現実にそれを経験しますと、実に感動的ですら有ります。

何処へ行くにも、何冊だとしても持って行くことが出来るのですので。

そして、好みな時に好みな本を選択することが出来ます。

電子本は通販の楽さを越えています。

しかしながら、全てを電子本にかえてしまいなさいと言っているのでは有りません。

やはり、紙の本は良いものです。

1ページ、1ページめくりながら物語が進行してゆくのがお好みなかたもいらっしゃるでしょう。

紙の本を本棚に飾っておきたいかたもいらっしゃるでしょう、。

要は、紙と電子本を使い分けると良いのです。

使い分けをしただけだとしても、かなり本棚のスペースを節倹出来るはずです。

いずれにしても、紙の本はアマゾンの通販で、電子本もアマゾンで買入出来ます。

アマゾンで出版する


アマゾンは、あなたもごぞんじのとおり通販会社ですのですが、実は、出版することも出来るのをごぞんじでしたか

やうです、あなたが書いた本をアマゾンが出版し、市販製品まだとしてもしてくれます。

しかも0円で。

凄い事だとおもいませんか。

それも、電子本のおかげです。

電子本のストアは、近頃、増加傾向に存在するのですが、やはりこのカテゴリではも、アマゾンは強いです。

あとあとも、電子本はぐんぐん伸びてゆくことでしょう。

だからこそ、電子出版はチャンスだとしても有ります。

アマゾンでは、“Kindle direct publishing(キンドル ダイレクト パブリッシング)”、略して“KDP”と呼んでいます。

小説等をご自身で書くかたは沢山ですよね。

ですが、出来上がった小説を出版したくても、そのやり方がよく分からないかたもまた沢山でしょう。

芥川賞や直木賞等に応募するほどの力量だとしてもなく、自費出版出来るほどの財力もない、となると、書きあがったはいいけれども、そのまま諦めるしかないですよね。

若しくは、なんらかのチャンスが訪れるまで温存しておくことでしょうか。

本当は、あなたの小説は、最良セラーになるほど面白いかも知れないのに、もったいないことです。

すでに書きあがった原稿があるかたは、直ぐにだとしても出版して頂戴。

そういった良いチャンスがあるのなら、今すぐ本を書こうと思ったかたは、すぐ書き始めて頂戴。

アマゾンで、あなたの本が売られていること自体がすでにステータスになりませんか

他の通販会社にはたいへん出来ないことが、アマゾンでなら可能になります。

タグ: , , , ,